クルーズ&アトラス・オカムラ製作所の通販

≪≪前のページへ戻る
カートの中を確認.
ヘルプ.
サイトマップ.
ここは クルーズ&アトラス  TOPページです。
ウエヤブ家具 商品一覧 ブランドワーキングチェア

クルーズ&アトラス Cruise-Atlas
オカムラ製作所 okamura
・クルーズ&アトラスTOP≫
・クルーズ&アトラスの機能、操作説明≫

・アトラスチェアのご注文・バリエーション≫

・クルーズの種類
・クルーズ 基本ユニットのご注文≫
・クルーズ パネル類のご注文≫
・クルーズ テーブル 天板類のご注文≫
・クルーズ その他のご注文≫

★クルーズに新カラー、新アイテムが登場!

低くリラックスした姿勢が、高い集中力を生む。知的創造のための特別席。

・・・・・News!

受賞!!
「レッドドットデザイン賞」ドイツ


★低座・後傾という革新的なスタイルに、その答えはある。

よいリラックスが、よい集中を生む。まったく新しい発想から構築されたパーソナルワークステーション、それが“Cruise−Atlas”です。

今までに無い低い着座位置に、理想的なリクライニングアングルを組み合わせた“Atlas アトラス”。

状況に合わせて即座に天板の高さと角度を調節できる“Cruise クルーズ”。

そして、パーソナル空間を演出するラウンドパネルとオプション装備。

▲画像をクリックしますと、別画面で大きな画像が表示されます。


・・・・身体工学といういアプローチから生まれた、低座・後傾という独自のコンセプト

このような 背景から Cruise &  Atlas 誕生しました。

ビジネス環境の変化は、姿勢の変化をもたらす。
これまで書類やキーボードを見下ろすインプット作業が中心だったPCワークは、現在ではディスプレイを見つめながらの思考作業が主流になり、その結果、画面と適度な距離を取るために上体を後ろに倒す後傾姿勢が多く見られます。オカムラはこの現象に注目し、作業のためだけではなく、思考のためのより快適なポジションの開発を目指しました。
インプット作業中の
ワーキングポジション
思考を中心とする
ワーキングポジション

身体工学による新たなワーキングポジションの研究。
これからのPCワークに適した姿勢を解明するために、オカムラは身体工学の研究を取り入れました。人間の身体的特性を計測、解析して定量化し、そのデータを製品開発などに応用する身体工学により、“Cruise−Atlas、クルーズ&アトラス”の理想的な作業スタイルが実現しました。



そして生まれたのか、“低座・後傾姿勢”

PCワークの実際を研究し生まれた、低座・後傾姿勢。
座面の位置を低くし、身体を大きく後ろに倒す“Atlas アトラス”の低座・後傾姿勢なら、長時間にわたるPCワークでも身体への負担が軽くなります。このポジションは、ワークスタイルの現状を研究し開発を進めた結果生まれたものであり、従来の姿勢では得られなかった快適性を提供します。


長時間、リラックスが続く低座・後傾ポジション
低座・後傾姿勢は、身体のリラックスした状態をキープすることで、より長い時間にわたって集中を持続することを可能にします。従来のワーキングポジションである直立座位姿勢と“Atlas アトラス”の低座・後傾姿勢を比較した場合、その効果には大きな違いが見られます。


身体への負担が小さいから、姿勢の変化も少ない。
直立座位姿勢と低座・後傾姿勢を比較すると、低座・後傾姿勢の方が、長時間にわたって姿勢を安定させることができます。身体が動くのは、負荷がかかり、同じ姿勢を保つのがつらくなることが原因です。つまり、低座・後傾姿勢は、身体が実際に感じる負担がそれだけ小さい状態であるといえます。

着座姿勢の変化の比較
2時間パソコンを使って作業を行い、その間の着座姿勢の変化を計測。従来の直立座位置姿勢よりも低座・後傾姿勢の方が、上半身や腰部の変動量が小さいことがわかります。


後傾による体圧分散と、低座によるむくみの軽減。
低座・後傾姿勢の負担の軽さは、身体に起こる変化からも明らかです。背もたれと座面から受ける圧力が分散した状態は、より広い面で身体を支えていることを示しています。脚のむくみの低減は、心臓と脚の高さが近くなり、血の流れを妨げにくいことの現われです。このことから低座・後傾が、より疲労感を少なくするために有効な姿勢であることがわかります。
体圧分布の比較
直立座位姿勢 お尻に圧力がかかっています。 低座・後傾姿勢 お尻の圧力が減り、体全体で支えています。

着座時の身体にかかる圧力の分布についてそれぞれ計測。低座・後傾姿勢は直立座位姿勢よりも背面の接触が平均2.1倍増え、座面の高圧力部が減少するという結果が得られました。。



脚のむくみ発生の比較
直立座位と低座・後傾姿勢のときの脚のむくみを計測。直立座位姿勢は時間の経過とともにむくみが大きくなったのに対し、低座・後傾姿勢ではほとんどむくみが見られませんでした。



・・・・Gallery 画像をクリックすると大きな画像が別画面表示されます。


▲画像をクリックしますと、別画面で大きな画像が表示されます。

新カラー、新アイテムが登場!



▲画像をクリックしますと、別画面で大きな画像が表示されます。


≫『クルーズ&アトラス』機能紹介




アトラスチェアのご注文はこちら

クルーズ&周辺アイテムのご注文はこちら