イトーキ社製レビーノチェアの通販

≪≪前のページへ戻る
カートの中を確認.
ヘルプ.
サイトマップ.
ウエヤブ家具 商品一覧 ブランドワーキングチェア レビーノチェアTOP

長時間デスクワークされる方。
腰痛や疲労防止のワーキングチェアを
お探しの方へ、“レビーノチェア”登場!
・レビーノチェアTOPへ ≫
・レビーノチェアの機能≪
・バリエーション&ご注文 ≫
■レビーノチェアの機能  後傾姿勢を科学した「バリアブル・バックレストシステム」

このシリーズは完売致しました。
次回販売はございません。



背中が楽だと全身が安らぐ、という事実に着目いたしました。
デリケートな背中に、疲れ知らずの快適さを!
パソコンの普及により、ワーカーの執務姿勢は大きく変化しました。正面のディスプレイに長時間向かうため、画面から目をなるべく離す。さらに後ろへもたれてリラックスし、体への負担を減らす。つまり、従来よりも背中に負担をかける座り方になってきたのです。

快適なオフィスワークは、この背中の支え方にかかっているとも言えます。ところで背中は、体の中でもデリケートな部分。わずかな不快感も疲れの元になります。また、人の背骨の形状にはかなりの個人差があることもわかってきました。

これらを踏まえて、どのようなタイプの背中も確実に支え、疲労を防ぐ機能を実現したのが、レビーノチェアの
「バリアブル・バックレストシステム」です。
人の背骨は「S型」の他、直線に近い「I型」や猫背気味の「C型」など様々。それに合った支え方が必要です。

●思い通りの姿勢が取れる
  ロッキングメカニズム

●通常の姿勢
自然な姿勢で疲れにくく、しっかりと腰をサポートしているのがわかります。
●リラックスした姿勢
しっかりと頭を支えていますので、リラックスした状態でも楽に作業ができます。


頭から背中、腰までを、体になじむ曲面で支える。

従来は臀部や大腿部で支えていた荷重を、主に背中で受け止め、全身で和らげる座り心地をもたらします。

バリアブル・バックレストシステムの一番の特色は、背もたれにあります。背の形に合わせて“たわむ”ソフトシェルフ構造により、体圧を適度に分散。そうして疲れを防ぐとともに、圧迫感や違和感の少ない、フワリとした感触をもたらすのです。

また、腰部も大切なポイント。腰骨の上のくびれを的確に支持することで安定性が増し、腰の負担も減らせます。その支持点を座ったままで調節できるのが「ランバーサポート」です。さらに、後傾姿勢が続くと気になるのが頭を支える「ヘッドサポート」もご用意しました。すなわち、上半身を体に合った曲面で包むように支えることで、疲れにくい上に安心感のある、ソフトな座り心地を楽しめる。

これがレビーノチェアです。

■ランバーサポート
背もたれ背面にあるランバー操作フレームを上下前後に動かす事によって、背もたれの腰部支持点(ランバーサポート)をお好みの位置に。しかも座ったまま調節できます。これによって、長時間の着座作業を続けるときにも、背もたれに寄りかかった状態で適正な前方注姿勢が保てるよう、調節が可能になりました。
■ヘッドサポート
背もたれ背面にあるランバー操作フレームを上下前後に動かす事によって、背もたれの腰部支持点(ランバーサポート)をお好みの位置に。しかも座ったまま調節できます。これによって、長時間の着座作業を続けるときにも、背もたれに寄りかかった状態で適正な前方注姿勢が保てるよう、調節が可能になりました。
■体圧状況
後傾姿勢をとった時の、背もたれへの体圧を測定したデータ。
従来のチェアは主に肩胛骨の部分で体を支えており、長時間据わると疲れやすい姿勢。レビーノチェアは背もたれが体の形によくフィットし、全体で体を支えていることがわかります。


あらゆる姿勢を自然にフォローし、疲れを追放。

くるぶしを支点に背と座の角度が連動し、後頃姿勢を自然に支える「アンクルムーブ・シンクロロッキング」
最大26度のゆったりとしたロッキングです。

背中だけではく、全身の疲れを防ぐ機能も充実させました。

例えば、座面にも“たわむ”構造を採用し、下半身への圧迫感を軽減させる設計。休憩時のリラックスを深める26度の広範囲後傾機能。

さらに、後頃時の体の動きを分析して設計されたロッキングメカニズムも大きな特徴です。膝を軽く伸ばしながら全身で背伸びをするように傾く、その動きをなぞるように背もたれと座の角度が連動する
「アンクルムーブ・シンクロロッキング」。これらの高機能が、座っていることすら忘れてしまうほどの快適さを生み出します。

■フロート・ベンディングシート
荷重に応じてたまみ、体にフィットする、「フロート・ベンディングシート」。

シートの下は空洞なので、熱がこもりにくく快適さもアップ。
■座の耐圧状況
長時間座った時の座面の耐圧分布の比較。
レビーノチェアは圧力が集中する赤色の部分が小さく、体圧を分散して支えていることがわかります。
■ソフトベンディングシェル
上半身の動きを妨げないソフトベンディングシェル。


あなたの体にジャストで応える、アジャスト機能。

体格や姿勢などの個人差に合わせて細かく調整できるアジャスト機能は、いわば快適チェアの基本。

レビーノチェアは、最初に一度各部を調節すれば、あとはいつでも執拗に気持ちよくサポートします。

さらに、より快適なパソコンワークのために、肘の形状やサイズ、溶接機能に細かい工夫を加えた「アジャスタブル肘」タイプもご用意しております。

腕をしっかり支えるアジャスタブル肘はパソコンワークの強い味方
●肘当ての位置が、上下左右に細かく調節できます。
レビーノチェアのアジャスタブル肘の肘当ては、長さが175mmとコンパクトで、デスクに向かったときのスペースが幅広く確保できるため、思い通りのパソコンワークが実現いたしました。

■肘当ての高さ調節
約10mmピッチ・11段階の高さに調節できます。

■肘当て傾斜角度調節
5°ピッチ・4段階の角度に調節できます。

■肘当ての左右角度調節
外側に20°、内側に60°、計80°の範囲で肘が動きます。


地球環境にとっての快適にも、きちんと配慮。

イトーキ製品の特色の一つがEco(Ecoデザイン)。地球環境に負担をかけない循環型社会への移行を見据えた、ものづくりの姿勢です。リサイクル(再資源化)、リデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再利用)の「3R」を前提に、素材の選定や設計面の配慮などを行っております。

構造のボトルレス化を進め、パーツへの解体や素材の分別にも配慮。

布張り地の原料にはペットボトルの再生繊維も使用。

クッションやキャスターは、簡単に交換可能。

成型パーツには材質名を略称で明示し、リサイクルに配慮しました。



≫『レビーノ』商品構成ご紹介

←レビーノチェアTOPへ

←ブランド オフィス チェアコーナーTOPへ