• オススメ

GAKU・ガク・シェルフ

アレンジ自在の組立式シェルフでございます。

少ない種類のアイテムで、色々アレンジできるのが最大の特長です。

数種類のサイズのシェルフ(棚板)とフレームを組み合わせることで、使いやすいシェルフを組み合わせることができます。

ノーマルの四角いデザイン、階段形状、上から見るとアルファベットの「T」や「L」字のような形にもできます。

このアレンジのしやすさと同時に特長的なのが、塗装仕上げを4種類ご用意しているところ。
シェルフ(棚板)は桜突板材、フレームはイエローバーチ材を用い、風合いを活かすために4種類の塗装から選べるようにしました。

一番ナチュラルなのが「無塗装」。材質そのままの質感をお楽しみください。

「染色塗装」は白色と黒色をご用意。天然の塗装で、こちらも木の質感を大切にしたい方にお勧めです。

一般的な「ウレタン塗装」タイプもご用意。こちらは天然タイプの塗装よりも丈夫にできております。

お好みに合わせて、塗装仕上げが選べるのが嬉しいですね。

組み合わせ例等は下段の説明欄をご覧ください。

※同じパーツでも、塗装仕上げによりお値段が異なります。

ポイントアップ商品7%
価格の表示方法

商品コード: miyako-017

販売価格: 4,114~13,679 (税込)

418~1,393 ポイント獲得!

  • ガクのタイプ
  • ガクの塗装
数量

GAKU・ガク・シェルフの詳細

GAKU・ガク・シェルフのタイプ&仕様

GAKU・ガク・シェルフ



「シェルフ(棚板)」と「フレーム」を組み合わせる仕様でございます。

※無塗装の場合は、素材の特性上購入後の乾燥、吸湿等により寸法の変化がおきる場合があり、組立の際支障をきたす場合がございます。
ご購入後は早めに組立をし、必要に応じて表面塗装をしてください。



【シェルフ(棚板)】

・材質:桜突板材
・塗装(選択してください)
 ・無塗装
 ・ウレタン塗装
 ・染色塗装(白色)
 ・染色塗装(黒色)
・デザイナー:村澤一晃(Kazuteru Murasawa)

※色見本は下段をご覧ください。

区切り線

▼No1.シェルフ(棚板)・TS-1

・サイズ:幅295×奥行き295×厚さ20mm
※2個のフレームに接するようにしてください。

区切り線

▼No2.シェルフ(棚板)・TS-2

・サイズ:幅578×奥行き295×厚さ20mm
※2個のフレームに接するようにしてください。

区切り線

▼No3.シェルフ(棚板)・TS-4

・サイズ:幅841×奥行き295×厚さ20mm
※3個のフレームに接するようにしてください。

区切り線

▼No4.シェルフ(棚板)・TS-6

・サイズ:幅1387×奥行き295×厚さ20mm
※4個のフレームに接するようにしてください。

区切り線

シェルフ





区切り線区切り線区切り線区切り線区切り線

【フレーム】

・材質:イエローバーチ材
・塗装(選択してください)
 ・無塗装
 ・ウレタン塗装
 ・染色塗装(白色)
 ・染色塗装(黒色)
・デザイナー:村澤一晃(Kazuteru Murasawa)

※色見本は下段をご覧ください。

区切り線

▼No5.フレーム・FS-1

・サイズ:幅300×高さ2160mm

区切り線

▼No6.フレーム・FS-2

・サイズ:幅300×高さ1800mm

区切り線

▼No7.フレーム・FS-3

・サイズ:幅300×高さ1440mm

区切り線

▼No8.フレーム・FS-4

・サイズ:幅300×高さ1080mm

区切り線

▼No9.フレーム・FS-5

サイズ:幅300×高さ720mm

区切り線

フレーム

区切り線



送料について



▼こちらの4種類の塗装仕上げからお選びください。
 ※シェルフは棚板を表します。
 ※シェルフ(棚板)とフレームは材質が異なります。

塗装仕上げ無塗装
染色塗装


組み合わせの基本例

こちらではシェルフ(棚板)TS-4とTS-6を使った、基本的な組み合わせ例をご紹介しております。

注意点はフレームの向き。必ずこのような向きでフレームをシェルフ(棚板)に取り付けてください。

※全てのフレームを同じ向きにして取り付けるとはできません。
(シェルフ(棚板)TS-1とTS-2は除く)


組み合わせ例低中
組み合わせ例高


応用

高さを変えたデザインや、上から見てアルファベットの「T」や「L」字型のようにも組み合わせることができます。

棚板の位置のご注意点。
隣り合った棚板を、同じ高さの段に置くことができませんのでご注意ください。

横長のシェルフにして、どうしても同じ高さの段に棚板を置きたい場合は、シェルフを別々に組んで、横に並べてください。

▼高さの違うフレームを上手く取り入れた組み合わせ


段違いコーディネート




▼こちらは少し分かりづらいかもしれませんが、上から見るとアルファベットの「T」字型のような組み合わせになっております。
奥のシェルフの中央のフレームに、90度の角度で手前の低いシェルフを接続しております。
これを応用して、「L」字型にも。


T字型コーディネート




▼棚板の位置を段違いにして、動きのある組み合わせもできます。


段違いコーディネート2


段違いコーディネート3


村澤一晃・Murasawa Kazuteru

GAKU・ガクをデザインした、村澤一晃氏のご紹介です。


村澤一晃


miyakonjo-product

ミヤコンジョウプロダクトのご紹介。


miyakonjo-product


お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む


PAGETOP