• NEW

RAMA・ラマ・キャビネット・RMAL-120


・テレビ台としてもお勧め
・ウォールナット材
・ホワイトアッシュ(ブラウン)材
・ホワイトアッシュ(ナチュラル)材

おすすめポイントはテレビやAV機器が置けるよう設計していること。
近年のテレビボードは背が低くなってきていますが、こちらは高さ60cmとハイタイプになっております。
小さめのテレビを置いたり、イスに座ってテレビを見たい方にお勧め。

イスに座ると、通常のテレビ台だとどうしても視線が下がってしまいます。高さを上げることで、自然な姿勢で視聴できます。

高級素材のウォールナット材とホワイトアッシュ材の無垢材を、天板・扉・側板等目に見えるところにふんだんに使用しました。

木目の質感をお楽しみください。

MKマエダコレクションです。

※ウォールナットタイプとホワイトアッシュタイプはお値段が異なります。ご希望の商品タイプを選んで、お値段をご確認ください。


価格の表示方法

商品コード: mk-086

通常価格: 183,600~264,600 (税込)

販売価格: 128,520~185,220 (税込)

1,190~1,715 ポイント獲得!

  • ラマ・キャビネットのカラー
数量

RAMA・ラマ・キャビネット・RMAL-120の詳細

ラマ・キャビネット・RMAL-120の仕様

RAMA・ラマ・キャビネット・RMAL-120

MK在庫目安表

MK無料キャンペーン




▼No1.OWN(ウォールナット)・RMAL-180-OWN
RMAL-180-OWN

・サイズ:幅120×奥行き39×高さ60cm

送料

・開き扉:3(ソフトクローズ機構)
・天板:ウォールナット材無垢板、オイル仕上げ
・前板:ウォールナット材無垢板、オイル仕上げ
・側板:ウォールナット材無垢板、オイル仕上げ
・本体:プリント紙化粧板
・可動棚:2枚
・完成品
※注1



区切り線
区切り線
区切り線

▼No2.BA(ホワイトアッシュ・ブラウン)・RMAL-180-BA
RMAL-180-BA ・サイズ:幅120×奥行き39×高さ60cm
送料 ・開き扉:3(ソフトクローズ機構)
・天板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・前板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・側板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・本体:プリント紙化粧板
・可動棚:2枚
・完成品
※注1
区切り線
▼No3.WA(ホワイトアッシュ・ナチュラル)・RMAL-180-WA
RMAL-180-WA ・サイズ:幅120×奥行き39×高さ60cm
送料 ・開き扉:3(ソフトクローズ機構)
・天板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・前板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・側板:ホワイトアッシュ材無垢板、オイル仕上げ
・本体:プリント紙化粧板
・可動棚:2枚
・完成品
※注1


▼寸法図

寸法図


【カラー】


▼OWN(ウォールナット材)色
OWN色

▼BA(ホワイトアッシュ材・ブラウン)色
BA色

▼WA(ホワイトアッシュ材・ナチュラル)色
WA色



※注1 図面表記の外寸高さは、商品底部の三角座は含まれておりません。実際の外寸高さは表記寸法+3mmになります。

MK無料キャンペーン


配達方法と区分説明




ラマ・キャビネットの機能


ラマ・キャビネットの機能をご紹介。

こちらはテレビ台としてもお使い頂けるよう設計しております。

天板にテレビを置けるようにするために、配線孔を設けました。
背板の無いオープン部分にAV機器を置いてください。

テレビを高い位置で見たい。そんな方にお勧めです。

※画像をクリックすると大きな画像が出てきます。

▼開き扉収納
開き扉収納

扉を開けると収納スペースに。可動棚が2枚付いているので、収納物に合わせて、高さを調節してください。

扉の上のオープンスペースは、AV機器が置けるよう、考慮されております。

区切り線
▼扉ソフトクローズ
扉ソフトクローズ

開き扉がバタンと閉まらないよう、ソフトクローズ機構を備えました。材質に負けない高級仕様です。

区切り線
▼天板配線孔
天板配線孔 天板の中央奥側にはAV機器と天板に置くテレビを繋ぐための配線のための配線孔がございます。


収納方法



コーディネート例


OWN(ウォールナット)タイプのコーディネートをご紹介。

木目が美しい無垢材をふんだんに使いました。

キャビネットの無垢材扉もインテリアの一部になっていることが分かります。
ナチュラルなテイストが、お部屋に安心感を与えます。

キャビネットの天板にはテレビが置けるよう工夫がされています。テレビ台としては背が高いタイプとなり視線を下げたくない方にはお勧めです。
こちらでは写真や観葉植物を飾る、ディスプレイスペースとしてご提案しております。







ラマとは。



ラマの説明文

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む


PAGETOP